<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

神に逢う旅 〜フジロック参戦記〜 #03

続き


バスを降りると、高原の程よい湿気を帯びた空気が迎えてくれた。
まずは受付でチケットをリストバンドに交換してもらわねばならない。
程なくしてその場所にたどり着いたのだが…すでに大行列。

田舎者の僕にとってなかなかにしんどい時間だったが、
約1時間半ほど並んで、ついにリストバンドを手に入れる。
同時にもらったパスケースには会場のMapが記されており、
僕はこの後、これを片手に会場を徘徊する事になる。

それにしても。
初日の午前中という、3日間で最も人出の少ない時間でも大行列。
翌日以上はこれより長い行列に炎天下のもと並ぶのか…。
…たまらないなぁ。

さて、いよいよゲートへ向かう。
この頃、遠くの方でトータス松本が「ガッツだぜ!」を歌う声が聴こえた。
いよいよ「フェス」というモノにやって来た実感が高まる。

そしてついに、ゲートが目の前に現れた。

f0214531_18454611.jpg

ゲート前では、来場者たちがゲートをバックに写真を撮っている。
ご多分に漏れず、僕も「ついにフジロックにやって来た!」と実感、
iPhoneで写真を1枚撮ってFacebookにアップロードした。

f0214531_18471876.jpg

ゲートをくぐって5分もしないうちに、グリーンステージが姿を現した。

f0214531_18491541.jpg

ちょうど、吉川晃司が"BE MY BABY"を熱唱しているところだった。
「このステージで、この数時間後に、僕は…」
少し先の未来の自分を考えるだけで鳥肌が立った。

せっかく来たフジロック。僕は散策に入った。
まずはノドを潤したい。僕の貪欲な眼がすぐにハイネケンの看板を見つけた。

まずは乾杯だ。
この地にやって来たこと。
それに至った全ての運命への感謝。
これから迎える夢の如き時間への期待を胸に…

f0214531_1853298.jpg


乾杯!
高原で、ロックフェスで呑む生ハイネケンは
一言、「最高!」としか表現出来ぬ美味さだった。


さて。
ところで僕はこの日、モーターヘッドのTシャツを着ていた。
f0214531_18514020.jpg

これは僕的に「正装」であり「盛装」でもある一張羅。
ファンである事を堂々とアピールしていた。

しかしまぁ、同じ格好の人間は会場にはほぼおらず、
高原でのフェスを楽しむ常連たちは皆、軽登山に近い装備。

「ロックTなんて、まぁ傍目にはダサいんだろうねぇ」
そんな事を考えながらハイネケンを味わっていると、
目の前に突然、モーターヘッドTを着た男が現れた。

彼はズンズンと僕の方に歩み寄り、一言「モーターヘッド?」
僕も「モーターヘッドです!」と答える。
そうすると彼は満面の笑みで握手を求めてきた。

f0214531_1931956.jpg

聞けば、彼は地元長岡に住むモーターヘッドファン。
同じ(厳密にいえばデザインが違うのだが)シャツの僕を見つけ、
話しかけに来てくれたのだった。

僕がモーターヘッドのために九州から来た事を告げると
彼は驚きながら、僕にモーターヘッドのバッヂをくれた。

ステージ前で会おう!
そう約束して、僕らは別れた。

はるばるやって来た新潟フジロックの地で、
モーターヘッドファンに出会う。
なんて素敵な日なんだろう!

僕はハイネケンを飲み干して、
テンション高く会場徘徊を再開した。



続く…
[PR]
by steeldog_79 | 2015-08-31 19:07 | Report | Comments(0)

神に逢う旅 〜フジロック参戦記〜 #02

続き


7月23日。

ついに出発の日がやって来た。
出発前夜は「遠足前日症候群」を煩い、
ほとんど眠れずにただただ布団の上でドキドキしていた。

そりゃそうだ。
「もうすぐ神に逢えるんだ…!」なんて考えてるヤツが、
そんなにすやすやと眠れる訳がない。

結局、ほぼ寝らずに当日の朝を迎えた。
7時からの野暮用を済ませ、福岡空港へ。

f0214531_1982189.jpg

全日空1283便、15時05分発・新潟行き。
ボーイング737は定刻通りに離陸、
一時間半のフライトの後、新潟空港へ降り立つ。

そこからはレンタカー。NISSANノートが3日間の相棒だ。
新潟空港ICから、宿を予約した長岡へ。
さすがは新潟、米どころ・酒どころ。
車窓には広大な田圃が続く。

長岡の宿に入ると、晩飯のために街に出た。
博多とはタイプの違う魚介と酒に舌鼓。
ひとり前夜祭で英気を養った。

f0214531_1984953.jpg


翌朝、いよいよ苗場に出発する。

まずは越後湯沢駅を目指す。
ここから会場へのシャトルバスが出ているのだ。
仕事でお世話になっている方からのコネクションで
レンタカーはとある場所に停めさせて頂いた。多謝。

f0214531_1985811.jpg


湯沢の街は、そこら中にFUJI ROCKの文字に溢れていた。
街を挙げて全国から集うROCK野郎どもを歓迎しているようだ。

そしてシャトルバスに並ぶ。
初日は一番人出が少ないと聞いていたが、それでもバスは長蛇の列。
延々と続く行列に、田舎者の僕は溜め息をひとつ。…ふたつ。

f0214531_199554.jpg

驚いたのは、並んでいる連中の格好だ。
まるでトレッキングに行くような軽登山装備。
ベルボトムにブーツにモーターヘッドTシャツなんて、僕くらい。
(彼らの装備の理由は、この後会場で身をもって知る事となる)

ようやく乗れたバスに揺られること30分。
道路の反対側にカラフルなテントの群れが見えてくる。

「あれがフジロック会場か…!!」

きっとバイクで、ひとりで来ていたならば、
この興奮を品のない雄叫びで表現しただろう。
YEAHHHHHHHH!!!!!!…ってね。

やがてバスは、その巨体を静かに停止させた。
バスを降りると、下界より少し涼しい空気の味に気付く。

福岡を出発して丸1日。
チケットを手に入れて3か月あまり。

ついに僕は、この場所に辿りついたのだ。


<続く>
[PR]
by steeldog_79 | 2015-08-21 23:42 | Report | Comments(0)

神に逢う旅 〜フジロック参戦記〜 #01

続き


さて。

フジロック参戦を文字通り電撃的に決めた僕だったが、
会場までのルートであったり、もちろん経費面だったり、
そのあたりを何も考えずにチケットを取ったものだから、
そういうリアルな部分に向き合う必然に直面する事になる。

そもそもフジロックとはどこで開催されているのか、
それすら知らなかった僕は「タイトルに"フジ"という冠が載るくらいだ。
まぁ恐らく静岡か山梨か、その辺りでの開催だろう」と思っていた。
故に、オフィシャルサイトに載っていた会場の表記を見て驚く事になる。

「苗場スキー場」

その何は聞き覚えがあった。
数年前まで某バイカーズラリーが開催されていた場所ではないか?!
いやそんなハズはない。苗場と言えば新潟だ。
"富士"なんてタイトルなのだから、新潟である訳がない…

しかし、諸氏ご存知の通り、
今や、フジロックと言えば新潟・苗場のイベントなのだ。
(開催地を巡る詳細はwikiをご参照頂きたい)

そんな初歩的な事実も知らなかった無知な自分に苦笑しつつ、
驚いていても仕方ないのでエア・チケットの手配に入る。
利用したのは全日空のウェブサイトだ。
(特別な理由はないが、僕は全日空ファンなのだ)

モーターヘッドの出番は初日・24日。
(この時点で、出演時間などは未定)
ならば23日に新潟入りするのが望ましい。
空港からレンタカーで長岡まで走り、一泊。
翌24日早朝に越後湯沢まで走り、そこからシャトルバスで会場へ。
モーターヘッドを満喫した後に山を下り車内泊、
翌25日に新潟空港まで戻って、福岡へフライト。

それが僕の考えた最良のプランだった。

福岡-新潟間の往復航空券、
3日間乗り回すレンタカー、
23日夜のホテル費用、
合計で約60,000円。

コンビニで費用を決済し、
晴れて僕は新潟までの旅路を確保できた。

決済完了のボタンをクリックしたとき、
僕はこの旅がリアルになった瞬間を体感した。


そこからの2〜3か月は、あっという間に過ぎた。
心待ちにしているビッグイベントが迫っているとき、
時間というのは恐ろしいほどに、光速の如く流れ去るものだ。

毎日眺めていたフジロックのサイトには、
ついにモーターヘッドの出番となる時刻が記された。


2015年7月24日
18時50分。

僕が神に逢える時間だ…!!



マツモトカズオ
[PR]
by steeldog_79 | 2015-08-03 23:50 | Report | Comments(0)

神に逢う旅 〜フジロック参戦記〜 プロローグ

きっかけは、何気なく開いたウェブページだった。

サイトの名前は
フジロックフェスティバル・オフィシャルサイト。

***

僕はこれまで、いわゆる「フェス」というモノに参加したことがない。
今までも何度か参加したいと思うことはあったが、
自分の中で"費用対効果"を考えたとき、
参加にはあまりにもメリットがなかったのだ。

例えば、自分が好きなアーティストが出演するフェスがあったとして、
そのバンド以外にも強烈に魅力的なバンドが出演していて、
それでなお、僕が住む福岡から会場が近いとなれば、
それは参加しない理由が見つからないというモノだ。

しかしながら、僕にとって条件を満たしたフェスというのは
残念ながらこれまで見当たらなかった。

「○○ってバンドは見たいけど、入場料が単独公演の1.5倍から2倍。
そしてその開催地に向かう、もろもろの交通費がかかる。
さらに、他に特に観たいバンドがあるワケでもない」。

そう考えたとき、真っ先に「断念」という名のシャットダウンで、
僕の「フェス」は終わっていたのである。

***

そんな僕が、何故フジロックのサイトを開いたのか。

そこのところの理由は、実は自分でもよく覚えていない。
たぶん、原稿仕事の途中か、ヒマな時間のネットサーフィンか。
そういうニュートラルな時間に、何気なく開いたんだと思う。


そしてこの何気ないワンクリックが、
僕のROCK人生に於ける最大の事件へと繋がる。

フジロック2015。
そのラインナップの中に、
僕はとんでもない名前を見つけるのだ。

そのバンドこそ、
僕が世界で最も敬愛するバンド。
世界一のロックンロールをラウドに奏でるバンド。

f0214531_12322122.gif

Motörhead

レミー・キルミスター率いる、
モーターヘッドである。


このとんでもない事態を理解するのに、僕の脳は少々の時間を要した。

しかし同時に、まるで心臓を鷲掴みにされたような…
高揚感というより、緊張感に似た…そんな衝撃に襲われた。

「レミーに…会える!!!!!!」

f0214531_12325526.jpg

無神論者を気取っている僕にとってMotörheadというバンドは、
そしてレミーというロックンローラーは、
唯一、神と称しても過言ではない存在。
しかも御年69歳。今年の末で70歳。
最近はカラダを壊してツアーキャンセルしたこともあった。

僕はステージでレミーが歌い続けている間に、
一度でいいからその姿を目に刻み込みたかった。
もしMotörheadがファイナルツアーと銘打ったツアーをするなら、
それが例え海外のツアーであっても参戦したいと思っていた。

そんなレミーが…Motörheadが日本に来る!!!
この機会を失うことがあれば、僕は生涯後悔を抱えるに違いない。


僕の神様がエントリーしている、
フジロックフェスティバル2015。

開催地もよく知らない。
交通費が幾らかかるかも知らない。
もちろん、飛行機も宿も、何も決めていない。

だけども僕は、どうしてもMotörheadに会いたかった。



次に気がついた時には、
僕はフジロックのチケットをネットで購入していた。

この瞬間から、僕のフジロック、
神様に会いに行く旅は始まったのだ。


<続く>


マツモトカズオ
[PR]
by steeldog_79 | 2015-08-01 00:08 | Report | Comments(0)


しゃしんとばいくと。


by steeldog_79

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
写真のはなし。
バイクのはなし。
マタニティ☆フォト
MONO story
ひとりごと。
お知らせ <information>
Report
What a small world
未分類

以前の記事

2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

外部リンク

お気に入りブログ

in the air*
Born to be M...
Marblehair 

最新のコメント

けいこちゃん。 おひさ..
by steeldog_79 at 16:15
松本君、昨日ドォーモみた..
by けいこ at 10:33
こちらこそ素敵な思い出を..
by steeldog_79 at 23:42
コメントありがとう! ..
by みよこ at 09:12
いや。羨ましい。 俺の..
by DAISUKE at 22:45
わ!松本先生だ(笑) ..
by みかママ♪ at 21:53
了解!いつかお会いしまし..
by steeldog_79 at 16:31
北九州の小倉です! ..
by shovelhead1340 at 11:56
おぉぉぉおひさしぶりです..
by steeldog_79 at 09:37
超懐かしい~紹介文w ..
by リョウ at 11:41

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.co..
from venushack.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
wikipedia.org
from wikipedia.org
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org

検索

タグ

最新の記事

BDR 2017
at 2017-02-03 19:34
R.I.P. My R&R ..
at 2016-10-19 22:54
熊本地震復興支援Tシャツ販売..
at 2016-06-22 18:53
写真野郎の結婚式
at 2016-02-23 16:16
自販機前。
at 2016-02-14 19:16

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
写真家

画像一覧