人気ブログランキング |

英語で話す日本人と韓国人。

歓楽街・中洲のど真ん中にて。

撮影終わりの駐車場で
韓国人一家に声をかけられた。
すぐ裏のホテルに泊まっているのだが
100円パーキングの使い方が分からぬと。

使い方以前にここには停めないほうがいいよ。
明日の朝に¥10,000くらい取られるよ。
川向こうの駐車場に停めたらだいぶ安いし
多分ホテルの人が提携駐車場教えてくれるよ。

こんな会話をお互い30点くらいの英語で。

えらい感謝された。
こういうのは気持ちがよいね。

しかし…日本人と韓国人が英語で会話とはね。
お隣の国なのにね。

少し話せたらいいのにな。韓国語。
英語はもちろん重要なんだけどね。
お互いに隣同士の国の言葉なんだし
学校で挨拶くらい習ってもいいのにね。

そんなことを思った中洲の夜。

# by steeldog_79 | 2019-02-04 19:44 | ひとりごと。 | Comments(0)

Google Street View

昨年から始めた新しい仕事がある。

Google Street View 通称「ストビュー」である。
Google Map上で360度の写真を楽しめるサービスで
道の上のみならず店内をヴァーチャルに回ることも可能だ。

正直に言えば最初は全く興味がなかったのだが
このストビューというものを撮影する企業が最近非常に多く
時折クオリティがとても低いものを目にすることがあった。
フォトグラファーではない人が撮影していることが
僕の目から見ても明らかだったのだ。

ならばあれをプロが撮ったらどうなるだろう。
そう思っていろいろ調べているうちに
商売云々よりもこの360度撮影がとても奥深く
とても深い可能性を抱えていることを知った。

僕は機材を揃えて遠方に研修に通い
テストシュートという名の練習を重ねて
昨年の2月にGoogleの正式な認定を得ることができた。

簡単な動画にしたのでお見せしたいと思う。



国内は福岡から阿蘇。
海外はNYCからロンドンまで。
とにかく撮りまくってみたのだが
これがとても楽しいし美しいのである。

撮影も編集もそれなりに大変なのだが
出来上がりはとても楽しいものに仕上がる。

こちらは別バージョン。
NYCとロンドンのモーターサイクルショップを撮影させていただいた。



カスタムショップの店内をグルグルと回ることができて
実際に訪問したような気分になっていただければ幸い。
それこそ認定カメラマン冥利に尽きるというものだ。

まだまだ経験と研鑽が必要ではあるが
この仕事を重ねて腕を上げて
日本や世界を飛び回ってみたい。

そんな妄想を抱いてニヤリとしながら
今日も機材を抱えて撮影に向かう。


***

Photo & Movie
マツモトカズオ



# by steeldog_79 | 2019-02-01 16:08 | 写真のはなし。 | Comments(0)

「息子からのメッセージ」


僕ら夫婦それぞれの仕事の都合で
僕は家内&子供と別々に暮らしている。

ふたりは普段家内の実家にいるのだけど
先日家内が寝る間際に息子と話していたら
息子が「お父さんに写真を撮ってもらう」
という話を何の前触れもなく始めたらしい。
そして家内はその声を録音して送ってくれた。

以下。その音声より抜粋。
("ろっちゃん"は息子の愛称)

家内「どんな写真撮ると?」
息子「プラレールのしゃしん撮ってもらうと」

家内「ろっちゃんは写真好き?」

息子「ろっちゃんはね。
おとうしゃんのしゃしん すきぃ」

…世界の誰に言われるよりも嬉しいメッセージ。
夜の原稿作業中に思わず目頭が熱くなった。
父ちゃん泣いちゃうじゃないか。

***

新年あけましておめでとうございます。

粋なことを言うようになった愛息のためにも
今年も写真道とバイク道に精進してまいります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


Photographer
マツモトカズオ

f0214531_15563824.jpg

# by steeldog_79 | 2019-01-10 16:01 | 写真のはなし。 | Comments(0)

ソフテイル・カスタム

ここしばらくこのブログも放置していた。
投稿がイージーなSNSばかりに投稿を繰り返し
半ばこのブログの更新を忘れかけていたのだ。

そんなタイミングでお邪魔したショップのスタッフさんに
「最近ブログ更新してないですね。結構楽しみなんですよ」
突然にそんな嬉しい言葉をいただいて驚いた。

こんな拙文でも読んでくれる人がいて
しかも楽しみにしてくれる人がいたとは。

ありがとうございます。また時々更新するようにします。



***



さて。

最近こんなバイクを撮影した。

f0214531_21043860.jpg

ハーレー・ダビッドソン
FXSTC ソフテイル・カスタム。

このモデルには深い思い入れがある。
30年も前に僕が初めてハーレーを知ったとき
最初に惚れ込んだのがこのモデルだったのだ。

f0214531_21043714.jpg

30年前。僕が小学生の頃。
当時の僕はとにかくクルマが大好きで
中でもポルシェ928に強く憧れていた。

そんな僕のハーレー初体験は突然に訪れた。

「地元のテレビ局が主催する輸入車ショーがある」
父からそう聞いてメーカーのラインナップを見ると
その中にはポルシェの名前も並んでいるではないか。
父に頼んで連れて行ってもらうことになった。

会場に入ってすぐのところにポルシェは鎮座していた。
憧れのマシンを父のカメラ「オートボーイ」で撮りまくった。
僕は散々ポルシェを撮って満足してしまったのだが
せっかく来たのだからと屋内の展示にも足を運んだ。

そこで僕は運命の出会いをする。
会場の一番手前に並んだ巨大なバイクの群れ!
地元のハーレーディーラーがニューモデルを並べていたのだ。

f0214531_21043723.jpg

大きな看板には「Harley-Davidson」の文字。
確か星条旗も飾られていたように記憶している。

「ハーレー…。これはアメリカのバイクなのか…!」
(姉の影響で視聴していたハリウッド映画や洋楽により
 当時から僕は小学生にしてアメリカかぶれだった)

何かが僕の琴線を揺らしたのだろう。
気がつけば夢中で「ハーレー」の写真を撮っていた。
撮影枚数は先ほどのポルシェをいつの間にか上回っていた。

忘れられないのが一番前に並んでいたバイクだ。
細くて大きなフロントタイヤ。太いリアタイヤ。
高いハンドル。タンクに描かれたハーレーのロゴ。
マシンの前にはプレートが立ててあった。

そこに記されたモデル名こそ
『ハーレー・ダビッドソン
FXSTC ソフテイル・カスタム』であった。

f0214531_21043860.jpg

僕はその言葉の意味も分からぬまま
なぜだかその言葉を丸暗記していた。

「…はーれーだびっどそん
 えふえっくすえすてぃーしー
 そふているかすたむ…」

そしてなぜだかこの時に思ったのだ。
「僕はいつかこのバイクに乗る!」と。
それは「いつか乗りたいなぁ」という"夢"ではなく
「必ず僕は乗るだろう」という"確信"だった。

不思議なものだ。
あれだけ憧れたポルシェにはそう思わなかったのに。

以来。僕はハーレーの虜になった。

退屈な授業の合間。ノートの端っこに意味もなく
「Harley-Davidson FXSTC Softail Custom」
そう書いてしまっている自分がいた。

熱しやすく冷めやすく飽きっぽかった僕だったが
このハーレーへの憧憬だけは全く色褪せることがなく
中学になっても高校になってもその憧れを抱き続けた。

通学用の自転車にハーレーのステッカーを貼ったり
部活の公式キャップをハーレーのロゴ入りにしたり
雑貨屋でハーレーのバンダナを買って集めたり
ギターのピックもハーレーのロゴ入りを選んだ。
(痛い子供だなぁ。わはは)

そうして大学入学。バイクの免許を取得した。
2台の国産車を乗り継いたのち
2001年に現在のショベルヘッドを手に入れた。

f0214531_21043929.jpg

結局のところ僕が手に入れたバイクは
幼い頃に呪文のように繰り返していた…

「はーれーだびっどそん
 えふえっくすえすてぃーしー
 そふているかすたむ」

…ではなかった。

あれから様々なハーレーの知識を得ていく中で
より魅力的なマシンを知ったからだ。

それでも今なおソフテイルカスタムはとても魅力的だ。
僕にとって大きな大きなきっかけになった一台。

最近ではストックのFXSTCを見かけることも少なくなった。
だけど稀ながらこのマシンを目にする機会に恵まれたとき
僕はあの時の輸入車ショーで味わった衝撃を思い出す。

「Harley-Davidson FXSTC Softail Custom」

このマシンは
僕の大切な記念碑。



Photo & Text
マツモトカズオ

# by steeldog_79 | 2018-03-28 22:03 | バイクのはなし。 | Comments(0)

BDR 2017

2017年2月3日。

今日は県内で撮影の予定だったのだが、
撮影店舗のオーナーさんがインフルエンザのため
急遽撮影はキャンセルに。3時間ほど空きができた。
天気は快晴。そしてこの空き時間。

乗らない理由は、どこにもなかった。

f0214531_190251.jpg

残念ながら大好きな"島"に行くほどの時間はなかったが、
行きたい場所があったので愛馬をキックで起こして進路を北へ。
相変わらず、キック数発ですぐに目覚める相棒に感謝、だ。

f0214531_190288.jpg

平日なのに妙に人が多い博多を走る。
日本人ではない人が多く見受けられる。
あぁ。中国は今、春節なんだっけ。

f0214531_1903152.jpg

いつものルートでキャナルシティへ。
昔はここの歩道にみんな路駐してて、
さながらバイク展示場みたいだったな。

f0214531_1903565.jpg

今は有料ながら、いい駐輪場ができている。
天神にもこういうパーキングが増えればいいのだけど。

f0214531_1904437.jpg

キャナルに来た目的はひとつ。献血だ。
前回の献血後、次回の献血可能日が2月3日と表記されていた。
「ちょうどいい。バースデー献血に行こう!」そう決めていたのだ。
しかもそれをバイクで行けるなんてね。幸せなことだ。

献血ルームでは嬉しいことがあった。
採血前にはいつも医師による問診があるのだけれど
今回の担当は初老の男性医師。初めてお会いする方だった。

彼は僕の献血履歴を見るとこう言ってくれた。
「192回…。たくさんご協力いただいてますね。
つまり少なくとも、190人以上の患者さんたちの役に立っているんですよ。」

そして僕の方をポンと叩き、ひとこと「ありがとう」。

これには泣きそうになった。
そんなことを言われたことが今までなかったし、
(もちろんそうありたいという個人的な思いはいつも抱えているけど)
しかもそれを医師の方に言われるという圧倒的な説得力。

これからもカラダが健康である限り、
僕はここに来続けたいと思った。

献血は非常にスムーズに終わり、
(僕は血管が人より細い上に冷えやすい体質で
普段は看護師さんの手を煩わせてしまうことが多いのだ)
仕事に戻るためそのまま我がスタジオへ。

f0214531_1904976.jpg

所有して16年目の相棒。
思えば随分とヤレたものだ。
ミラーに貼ったステッカーは朽ち、
ドリームキャッチャーも縁の部分だけになった。

f0214531_1905487.jpg

ミラーに映る僕も多少は老けた…のかな。
正直なところ、あまり実感はしていないのだけど。

f0214531_1905929.jpg

いつもの道を走ってマイタウンへ進路をとる。
ハイエースで毎日のように走っている道だけど、
2輪だとこんなにも楽しく、爽快なのは何故なんだろう。

やはり僕はバイクが好きだ。



2月3日。
今日で僕は38歳になった。

できるだけ毎年やりたいと思っているバースデーラン。
正直今年は多忙のため完全に諦めていたのだけど、
急遽走れることになり、しかも天候は最高で、献血にも行けた。
最高のハッピー・バースデイだ。

f0214531_191264.jpg

今まさに雑誌の原稿仕事の中、これを書いている。

窓の外には我が愛馬。
つまり、帰りもバイクに乗れるのだ。
やはり、最高のハッピー・バースデイ!

モチベーションをバイクで上げて、これから原稿を仕上げよう。

そんなBDR2017。
これからもよろしくね、相棒!



Photo & Text:マツモトカズオ
# by steeldog_79 | 2017-02-03 19:34 | バイクのはなし。 | Comments(0)

R.I.P. My R&R GOD...

随分とこのブログも放置してしまっている。

2月くらいにはちょこっと書いたし、
熊本地震チャリティーの記事も書いた。
だけどなかなか投稿は続かなかった。

それには理由(言い訳、って言う方が正しいのかな)がある。
忙しくなったこともあるし、公私ともにいろんな出来事があった。
その多くは割とハッピーな事柄なので直接的な理由ではない。
ブログを記す気力を失った最も大きな要因は自分でも理解している。

レミーが、死んでしまった。

f0214531_22154895.jpg


昨年の12月28日のことだった。(日本時間では29日)

朝。目が覚めて、何気にインスタグラムを開いた。
そしてふと目に飛び込んできたDice Magazineの投稿。
そこにはバイクに跨る若き日のレミー。
そして記された文言は「R.I.P Lemmy」

…え?

しばらく動けなかった。

レミーは数日前に70歳の誕生日を迎えたばかり。
フジロックの記事でも書いたけど、最近も具合はやはり悪そうだった。
だけど…だけど…まさか…

すぐにモーターヘッドの公式ページを検索した。
そしてそこには、アグレッシブな進行性のガンが彼の命を奪ったこと、
自宅の大好きなゲーム機の前で、家族に看取られて亡くなったこと、
最後には"Born to Lose, Lived to Win"の文言が記されていた。

受け入れ難く、受け入れたくない事実が…そこに存在した。


彼は僕の「神」だった。

僕は決して古いファンではなかったけど、
彼の音楽と生き様に心の底から惚れ込んでいて、
フジロックでモーターヘッドのショーを観れたことは人生の宝になった。

ショーの最後にレミーが「また会おう」と言ってくれた。
それを信じていた。来日は難しくとも、ならば俺がアメリカに行って、
そしてまたモーターヘッドのショーを観るんだ。そう決めていた。

そしてまたステージの上で彼が放つ名台詞、
"We are MOTÖRHEAD. And we play ROCK 'N' ROLL!!"
絶対に、あれを生で聞くんだ、と。

…その夢が潰えた瞬間だった。


その日から完全に気力を失ってしまった。
「心にポッカリと穴が…」なんてことを人は言うけど、
それを本当に目の当たりにした瞬間だったように思う。

SNSには追悼の言葉を刻んだのだけれど、
このブログに追悼記事を投稿しようとPCの前に座っても、
全然、キーボードを叩く感情になれなかった。

レミーとのフジロックでの素敵な思い出を散々刻んだ場所だからなのか。
これ以上にないネガティブなレミーの記事を記すことが
僕にとってレミーの死を決定的なものにしてしまうようで…
とにかく、追悼記事も書けず、僕はここを長く離れた。


それから冬が終わり、春を越えて、夏が過ぎて…この秋。
ようやく今になってここに記すことができたのは、
僕の中でようやくある種の踏ん切りがついたからだ。

その理由は次回。
また近日中にここに記す。


この投稿の結びに、
書きたかったけど今まで書けなかった言葉をここに。

f0214531_22504813.jpg

R.I.P LEMMY...


マツモトカズオ
# by steeldog_79 | 2016-10-19 22:54 | ひとりごと。 | Comments(0)

熊本地震復興支援Tシャツ販売のお知らせ

熊本地震から2か月が過ぎました。

東日本大震災の際、ピンストライパー"SOME"と共に
チャリティTシャツを製作し、収益を被災地へ贈りました。
今回も熊本を応援すべく、Tシャツを製作しましたので
こちらにて告知させていただきます。

「Tシャツで阿蘇を支援しよう!」
熊本地震チャリティTシャツ、発売中☆


f0214531_18421383.jpg

「Hang Tough ASO(がんばれ阿蘇)」のメッセージと、
阿蘇の山々をイメージしたデザインをフロントに。


f0214531_18421171.jpg

背中には阿蘇をバイクで走る姿をイメージした、
ワンポイントのロゴが入っています。

<デザイン:Yuuki Somehara "some pinstriping"

f0214531_18481190.jpg

カラーは写真の白と、黒の二色展開。
価格は¥2,500、収益は全て阿蘇に寄付されます。
数量限定、7月まで販売されます。


同デザインのステッカーも販売中です。
ハーレーダビッドソン福岡さんにて発売中です!
よろしくおねがいします☆

お問い合わせ:
ハーレーダビッドソン福岡
福岡県大野城市御笠川2-11-2
tel:092-504-1801


f0214531_18421749.jpg

<着用写真model:Akina>


売り上げは全額、阿蘇に届けます。
7月までの販売を予定しております。
購入ご希望の方は上記「HD福岡」様か、
当ブログのコメント欄にてお問い合わせお願いいたします。


マツモトカズオ
# by steeldog_79 | 2016-06-22 18:53 | バイクのはなし。 | Comments(0)

写真野郎の結婚式

10代の後半から知っているバイク仲間が、
結婚するにあたり式の撮影を依頼してくれた。

もちろん喜んで引き受けたのだが、
僕は少しだけプレッシャーを感じていた。
なぜなら、彼は写真が巧いのだ。

趣味としてフィルムカメラを愛用し、
ライカやハッセルブラッドを愛する写真野郎。
加えて版画などを手がける芸術家でもある。

そういう人間を撮影するのだ。
いつもよりはナーバスにもなる。

しかしいざ撮り始めたらそんなことを考えることもなく、
ただひたすらに彼らの門出をファインダーから祝った。

f0214531_16103840.jpg


ところで新郎はこんな日でも一張羅のカメラを持参していて、
新婦の着付けの模様をハッセルで記録していた。

「彼女」が「妻」になりゆく姿を、
彼はどんな気持ちで切り抜いたのだろう。

f0214531_1653588.jpg


ジョーくん
このみさん
ご結婚おめでとう!



Photo:マツモトカズオ
# by steeldog_79 | 2016-02-23 16:16 | ひとりごと。 | Comments(0)

自販機前。

志賀島。

福岡のエンスージアストが「どこか走りに行こう」と話すとき、
間違いなく筆頭候補に挙がるショートツーリングのメッカ。



島に入ってすぐの場所に、
「自販機前」と呼ばれた場所があった。

そこはバイクを停められる広い路肩になっていて、
昼夜を問わず様々なジャンルのバイクが集っていた。
その名の通りコカ・コーラの自販機がそこに鎮座していて、
夜には夏の虫のようにバイク乗り達がその明かりの元に居た。
寒い季節には、ここの缶コーヒーで暖をとるのが定番化していた。

僕もひとりで、また時に仲間と一緒にここに集まった。
当時の彼女から電話があって「今どこにいるの?」と問われ、
「自販機前だよ」と答えると「また?!」って呆れられたこともあった。

理由もなくガソリンを燃やし、集う。そんな場所だった。


ある時、自販機前にガードレールが出来るという噂が立った。
理由は「暴走族が集まるから」というものだった。

そりゃ時にはそんな連中がいたこともあったけど、
ほとんどは迷惑行為など無縁なバイク乗りばかりで、
僕らはその根拠なき理由に戸惑った。

「あの人たちは暴走族なんかじゃない。
誰にも迷惑なんかかけていないし、
時には自販機前のゴミ拾いをするような人もいる。
だから、ガードレールなんて立てないでくれ」

自販機前に店を構えていた料亭の親父さんが
そう言って役場や警察に抗議をしてくれたと聞いた。


しかし。

親父さんの抗議も僕らも想いも受け入れられず、
そこには無粋なガードレールが立てられてしまった。

ある日曜の朝、いつものようにそこに集まった僕らは、
怒りとも失望とも知れぬ感情を味わったことを記憶している。

博多湾を一望できる素敵な場所は、
バイクはもちろん、車椅子すら通れないような…。
白いガードレールを、これほど醜いと思ったことはなかった。



あれから何年が経ったのだろう。

お父さんの後ろに乗って来ていた小学生の女の子が、
今や自分のバイクに乗っているんだから、
もう10年近くになるんだろうか。

自販機はすでに撤去され、
親父さんの料亭も閉店してしまった。
もう「自販機前」という場の名を知る者も少ない。


今も時折、僕はここを訪れる。
10年以上前にここに集っていたバイク乗り達に想いを馳せる。

f0214531_18521644.jpg


今日も相変わらず、ここからの海は綺麗だった。



Photo:マツモトカズオ
@旧・自販機前
# by steeldog_79 | 2016-02-14 19:16 | バイクのはなし。 | Comments(2)

BDR2016!!!


2016年2月3日・朝。

冬の外気にすっかり体を冷やしていたショベルヘッド。
チョークを引いて空キック5発。
"相棒"は元気に目覚めた。

そして僕らは走り出した。

f0214531_19232851.jpg

夏が一番好きな季節ではあるけれど、
九州という恵まれた土地に住んでいる僕らは、
冬もこんな風に走れることを感謝せねばなるまい。

f0214531_1923332.jpg

この日も快適に海沿いを走り、
いつもの場所にたどり着いた。

f0214531_19233854.jpg

何があるわけでもない場所だけど、
なんとなくこの島に向かってしまうという性。
福岡に越してきて18年。それは今も変わらぬモノだな。

f0214531_19234282.jpg

10代後半とか20代半ばの頃に比べれば、
喜ばしいことに僕の仕事はずいぶんと忙しくなった。
裕福とは程遠いポジションには居るけど、今のライフタイムは好きだ。

f0214531_19235220.jpg

だけどそのぶん、いつでもバイクに乗っていた頃とは違い、
仕事を筆頭にクルマでの移動が圧倒的に多くなり、
バイクに乗る時間はずいぶんと削られてしまった。
年間340日は乗っていた。あの頃みたいな生活は難しくなった。

f0214531_1924027.jpg

そんな中でも、僕はできるだけバイクに乗っていたい。
単車と写真だけは、僕の人生から消したくはない。

とくにこの日、2月3日は何があっても乗りたい日。

誕生日は、思いっきり仕事してるか、
思いっきりバイクに乗りたい。
僕にとってはそんな日だ。
そして今年は後者。

バースデイ・ライド2016。

37なんて歳になったけど、
僕はこれからも走っていたい。
今日の走りは、それを確認する作業。

そして願わくは、来年も、その次も、ずっと。

これからもよろしく頼むよ、相棒!



Photo:マツモトカズオ
@Shikanoshima Island
# by steeldog_79 | 2016-02-09 12:00 | バイクのはなし。 | Comments(0)


しゃしんとばいくと。


by steeldog_79

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
写真のはなし。
バイクのはなし。
マタニティ☆フォト
MONO story
ひとりごと。
お知らせ <information>
Report
What a small world
未分類

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 03月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

外部リンク

お気に入りブログ

in the air*
Born to be M...
Marblehair 

最新のコメント

けいこちゃん。 おひさ..
by steeldog_79 at 16:15
松本君、昨日ドォーモみた..
by けいこ at 10:33
こちらこそ素敵な思い出を..
by steeldog_79 at 23:42
コメントありがとう! ..
by みよこ at 09:12
いや。羨ましい。 俺の..
by DAISUKE at 22:45
わ!松本先生だ(笑) ..
by みかママ♪ at 21:53
了解!いつかお会いしまし..
by steeldog_79 at 16:31
北九州の小倉です! ..
by shovelhead1340 at 11:56
おぉぉぉおひさしぶりです..
by steeldog_79 at 09:37
超懐かしい~紹介文w ..
by リョウ at 11:41

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
venushack.co..
from venushack.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
wikipedia.org
from wikipedia.org
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org
en.wikipedia..
from en.wikipedia.org

検索

タグ

最新の記事

英語で話す日本人と韓国人。
at 2019-02-04 19:44
Google Street ..
at 2019-02-01 16:08
「息子からのメッセージ」
at 2019-01-10 16:01
ソフテイル・カスタム
at 2018-03-28 22:03
BDR 2017
at 2017-02-03 19:34

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
写真家

画像一覧